超音波応用機器 設計・製造・販売 富士工業株式会社

TEL.053-464-6460  FAX.053-465-3815
文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
トップページ > 濃度計測機器

濃度計測機器

超音波液体濃度計をはじめとした計測機器の開発・製造・販売を行っております。
お客様のニーズを幅広い視点でとらえ、超音波技術を介して的確なソリューションをご提供する姿勢を大切にしております。

単成分濃度計(汎用)

単成分濃度計(汎用)

製品の特長
超音波を使用し、「2成分中の1成分濃度」が計測可能な濃度計です。薬品耐性に優れた様々な発信器、屋外設置が可能な変換器、防爆仕様等、汎用性に優れた濃度計となります。

製品一覧
FUD-1 Model-13 標準型/FUD-1 Model-23 防爆仕様

多成分濃度計(汎用)

多成分濃度計(汎用)

製品の特長
超音波と導電率を組み合わせる事により「3成分中の2成分濃度」が計測可能な濃度計となります。 FUD-1Model-13と同じく薬品耐性に優れた様々な発信器や防爆仕様等、汎用性に優れた濃度計となります。

製品一覧
FUD-1 Model-53 標準型/FUD-1 Model-63 防爆仕様

単成分濃度計(専用機用)

単成分濃度計(専用)

製品の特長
メンテナンス性や高精度インライン計測などのFUD-1Model-13のメリットはそのままに、半導体製造プロセス用として小型セル型発信器を特長としたモデルとなります。

製品一覧
FUD-1 Model-13 CMP用/汎用薬液用

多成分濃度計(専用機用)

多成分濃度計(専用)

製品の特長
メンテナンス性や高精度インライン計測などのFUD-1Model-53のメリットはそのままに、半導体製造プロセス用として小型セル型発信器を特長としたモデルとなります。

製品一覧
FUD-1 Model-53 CMP用/汎用薬液用

単成分濃度計(高精度)

単成分濃度計(高精度)

製品の特長
高精度・高安定計測など、お客様のニーズにお答えするFUD-1 Model-13の上位機種に位置付けされるモデルとなります。

製品一覧
FUD-1 Model-130 CMP用/汎用薬液用

測定原理

  • 測定原理は技術情報をご覧下さい。
  濃度計の測定原理はこちら

富士工業株式会社
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町1068番地
TEL.053-464-6460  FAX.053-465-3815