超音波応用機器 設計・製造・販売 富士工業株式会社

TEL.053-464-6460  FAX.053-465-3815
文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
トップページ > 海洋情報通信機器 > 水中トランシーバー(水中)

水中トランシーバー(水中)    Model-102N(CH-21) 水中送受信モデル


水中トランシーバー(水中)M-102N(CH-21)

製品の特長
送受信の明瞭性がバツグン
  • 業務指示・報告・意思伝達が正確に
装着・取扱いが簡単
  • スピーカー(両耳用の2個)は本体から分離
  • 本体はBCジャケットに簡単装着
  • VOX(ボイスオペレーティングシステム)で自動送信(マイク部スイッチでの送信も可能)
シンプルなデザイン
  • 小型、薄型で軽量、高剛性の本体ケース
  • カラーは落ち着きのあるダークグレー


 カタログをご希望の方は、お問い合わせ下さい。 お問い合わせ
 

構成図

水中トランシーバー(水中) Model-102N(CH-21)  標準の構成となります。

構成図

メリット

  • Model-102N、103Nとの交信がクリアな音声でできます。
  • 音声を発声するとVOX機能が働き、コール音を約1秒発信し送信に切り替わったことを送信者に知らせ、同時に相手側に着信を知らせます。(送信スイッチ使用の場合はスイッチを操作した場合)
  • 音声を発声している間(送信スイッチを操作している間)送信状態が持続します。
  • 音声が途切れると(送信スイッチを開放すると)相手側の音声が受信できます。
  • 水中に入ると自動的に電源ONになり受信状態になります。また出水後は自動的に電源OFFになります。
  • 適合マスク:各種「フルフェイスマスク」(マンティス・スキューバプロ・テクニサブ・日本アクアラング・ダイブウエイズ・アガ)




水中トランシーバー【FUJI FIT PHONE】仕様


 形式 水中送受信モデル
 モデル Model-102N(CH-21)
 信号搬送方式 超音波(ワイヤレス)
 搬送周波数 32.768KHz
 変調方式 SSB
 送信 音声・ビープ音
 受信 音声・ビープ音
 通信距離 最大500m(通常250m)
 使用深度 最大40m
 送受信切替
  • 水中にて自動受信モード
  • VOX機能による自動送信モード
  • スイッチ操作による送信モード
 構成
  • スピーカー(2個)
  • スイッチ付マイク部(フルフェイスマスクに装着)
  • 本体部(BCDの肩部等に装着)
 使用電源 9Vアルカリ電池(6LR61)1個
 電池寿命 送信率10%で連続8時間
 付属機能 VOXレベル調整機能付
 重量 約590g(電池含まず)
 寸法 【本体】縦66mm×横100mm×高68.5mm
    

水中送受信モデルModel-102N(CH-21)「VOXレベル調整ダイヤル」

水中トランシーバーのボイスオペレーティング機能を、より柔軟に使いやすく。
効率的な水中作業をサポートする「VOXレベル調整ダイヤル」

Model-102N(CH-21)に標準装備されている、VOX(ボイスオペレーティングシステム)は、音声を感知して自動で送受信(ハンズフリー通信)が行える大変便利な機能です。
「VOXレベル調整ダイヤル」は、VOXの感知レベルの調整を潜水中にリアルタイムで可能にする、VOX機能をより快適にご使用いただくためのツールです。

 

VOXレベル調整ダイヤルが便利な理由

VOXレベルの調整について

VOXの自動送受信機能を快適にご使用していただくためには、必要に応じてVOXの効き方(感知レベル)の調整(最適化)が必要になります。
VOXの感知レベルが最適な状態で無い場合、音声の発声による送信への切替が上手くできなくなったり、会話が終了しても送信が切れなくなってしまう状態になる場合があります。


水中トランシーバー(水中)VOXレベル調整ダイヤル

VOXレベルの調整が必要となる場合の例

  • 水中の環境(水深の違いによる水圧の変化等、使用時の環境の変化)により、VOXの感知レベルは変化する場合があります。
  • 複数の人が共用で使用する場合、使用する人の声質の違いによりVOXの感知レベルの調整が必要となる場合があります。
  • 同じ人が使用する場合でも、使用時の体調による声質の違いによりVOXの感知レベルの調整が必要となる場合があります。



 

構成図

水中トランシーバー(水中)調整ダイヤル構成図

VOXレベル調整ダイヤルのメリット

  • ダイヤルを回すだけでVOXの感知レベルの調整が水中で簡単に行えます。
  • 水中の環境が変化した場合も、潜水中に状況に応じた調整をその場で実際に確認しながら行うことができるため、より広範囲での継続したVOX機能の使用が可能となります。
  • 事前に陸上で設定変更を行わなくても、使用者に合わせた感知レベルの最適化を潜水中に確認しながら行うことが出来るため、より手軽で快適にVOX機能を使用することが可能となります。


富士工業株式会社
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町1068番地
TEL.053-464-6460  FAX.053-465-3815